庄内地方を中心に山形県全域、隣接県までご対応いたします。

法人の皆様へ

  • HOME »
  • 法人の皆様へ

不動産業者・工務店・ハウスメーカー様

eb6935419a2d65a242f8f2891d48d415_s土地境界確定測量を行うことにより、取引の対象となる土地の筆界を明確化し、瑕疵のない状態でお客様に引き渡すことが可能となります。
不動産の安全で確実な取引には、「土地境界確定測量」が有効です。

売買する土地の正確な「有効宅地部分」の面積を求積することで精算対象をはっきりさせ、売主と買主の見解の相違やトラブルを未然に防ぐことができます。
また、お取引前に現況測量をすることで実際の面積と公簿面積との差がどれくらいあるのか、現地に境界が存在するかなど現状把握しておくことをお勧めします。
取引上、障害となり得る問題を事前に調査し、解決方法をご提案いたします。

境界にまつわる問題、越境の有無の確認、現況と登記簿の不一致など、専門家の目で検証し、適切なアドバイスをさせていただきます。

こんな時はご相談ください。

建物建築における敷地の調査・現況測量

工事で紛失した境界標の復元測量、土地境界確定測量

新築した建物の建物表題登記

既存建物の増改築による建物表題部変更登記

既存建物の取り壊しによる建物滅失登記

宅地造成、開発行為許可申請、農地転用許可申請

金融機関の皆様

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s「不動産の融資に対するリスクを回避するために」「融資対象に見合う価値があるか」「リスクはどの程度の範囲で存在しているのか」などを詳しく検証するためには、対象不動産の調査と検証が必要不可欠といえます。

登記簿面積と実測面積との異同、土地の境界に関わる問題、隣接公有地などの問題や課題を土地家屋調査士の観点から検証し、適切なアドバイスをいたします。

たとえば、「土地や建物の現況と登記簿の不一致」は、土地・建物に共通して存在する問題であり、金融機関様の融資条件を満たすためには更正または変更登記が必要となる場合があります。

こんな時はご相談ください。

未登記建物の建物表題登記

増改築による建物表題部変更登記

既存建物の取り壊しによる建物滅失登記

分筆や合筆による建物所在変更登記

現況と登記簿面積の相違による地積更正登記

 

安心する画像

新築登記、土地分筆登記、境界問題についてお気軽にご連絡ください TEL 0234-23-2150 営業時間:9:00〜18:30(月〜金曜日,土日祝休)

PAGETOP
Copyright © 佐藤祐己土地家屋調査士 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.